【令和4年6月の行事】 

麦秋祭 
 6月19日(日) 9:30~13:00
 ○ジャガイモ販売、○伝統技術披露&体験(わら・綿)、○昔遊び体験(けん玉検定。コマ技
 検定)、○オリジナルベーゴマ作り(色付け)、○スタンプラリー、
 ▶子どもジャガイモ掘り体験
 日時/6月19日(日) ①9:30から  ②11:00から
 対象/3歳児~小学生以下(保護者は1名まで)
 定員/各回30名(申し込み多数の場合は抽選)
 費用/無料
 申込み/6月1日(水)~5日(日)に保護者名、住所、電話番号、子どもの人数、希望回(1回
       か2回)をメールで申し込む

                                 

 
オリジナルベーゴマに色付けしよう

 【令和4年5月の行事】 

▼鯉のぼり作り(愛好会計画行事)

 5月5日(木・祝)午前中
 対象 小学生以下の申込者が来園
 申込みは、5月2日(月)のみ24時までメールで受付け
 (住所・氏名・参加人数を明記)



 【令和4年4月の行事】 

▼鯉のぼり・5月人形展示公開

 4月14日(木)~5月10日(火)まで


▼春のお話会

 4月17日(日)13:30~
 定員 25名
 費用 無料


 
 1月26日から3月6日まではコロナ感染防止のため休館。




【令和4年1月の行事】 

▼お正月特別開園

 1月2日(日)・3日(月)10時~15時
 昔懐かしいお正月の再現です。

▼通常開園

 1月6日(木)
 9時から通常通り開園します。

▼七草(人日(じんじつ)の節供)

 1月7日(金)
 一年の無病息災を願って「七草粥」を食べる日です。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来園者への七草粥の提供はいたしません。

▼まゆ玉飾り

 1月14日(金)~15日(土)
 五穀豊穣を祈って、紅白のまゆ玉を小枝に挿して柱や神棚に飾ります。

▼えびす様

 1月20日(木)
 えびす様が稼ぎに出かける「でえびす」の日。
 一升桝にお金を入れ、尾頭付きの魚とお神酒を供えます。


 【12月の行事予定】

▼たくあん漬け体験(全3回)

  民家園で育てた大根を昔ながらに軒に干し、樽に漬けます。
  収穫から樽漬け、樽開けまでを体験してください。
  定員/15名(応募者多数のときは抽選とします)
  費用(全3回分)/500円(たくあん2本付き)
  資格/収穫から樽開けまで参加できる人
  日程/
      [1]12月4日(土) 10時~12時
       収穫と干し(雨天の場合は、5日(日)に順延)
      [2]12月18日(土) 10時~
       漬込み
      [3]令和4年1月15日(土) 10時~
       樽開け(予定日です。漬かり具合で前後する場合もあります。)
  申込受付/11月22日(月)限定で、メールまたは電話のみになります。
        (民家園窓口受付はありません)
        メールの方は7時から21時までに niikura-kominka@nifty.com まで
         (名前、住所、電話番号を明記のこと)
        電話の方は9時~12時まで。
例年とは、申込方法が変わりましたのでご注意ください。


 【11月の行事】 

▼子どもサツマイモ掘り体験

 11月14日(日)(雨天の場合は中止)
 今年もサツマイモの出来は上々です。
 イモ掘りをして、子どもと一緒に楽しい思い出をつくりましょう。
 時間/2回に分けて行います。
  1回目 午前9時30分~、2回目 午前11時~
 対象/3歳児から小学生まで。
  (密回避のため、付き添い保護者は1名でお願いします。)
 定員/60人(1回目30人、2回目30人)
 内容/サツマイモ掘り。お土産のイモも用意します
 参加費用/無料
 申込方法/11月1日(月)限定 メールのみにて午前7時から午後9時まで受付
      (電話、民家園窓口受付はありません)
 申込メールアドレス/niikura-kominka@nifty.com
 (申込の際に、保護者の名前、住所、電話番号、参加する子供の人数、
  1回目希望か2回目希望か、を明記してください。)
 抽選日/11月2日(火)
 申込者全員に11月4日(木)までにお申込みいただいたメール宛てに
 当落のお知らせを返信いたします。
 4日(木)までにメールが届かない方は民家園までご連絡ください。

 ※当日は各回とも開始時間の10分前までに受付を済ませ、
  民家園主屋前に集合してください。

▼えびす様

 11月20日(土)
 五穀豊穣、商売繁盛のめでたい神様「えびす様」。
 この日は、1月に稼ぎに出かけた「えびす様」がお帰りになる日。
 尾頭付きの魚にご飯、味噌汁、お神酒を供え
 一升桝にお金入れて迎えます。


 【10月の行事】 

▼吊るし飾り教室

 2回シリーズで、講師の指導で色とりどりのかわいい吊るし飾りを作ります。
 第1回 10月9日(土)9時30分~12時
 第2回 10月23日(土) 9時30分~12時
 対象/成人
 定員/10名
 費用/1,000円(2回分)
 持ち物/裁縫道具、飲み物
 講師/本間悠子
 申込受付/10月1日(金)午前9時から電話又は民家園窓口で受付

▼新倉の十三夜

 10月12日(火)
 秋の実りに感謝して、13 個のお団子に季節の野菜やくだものと
 月見豆腐をお供えし、稲穂に見立てたススキを飾ります。

▼3回の荒神様(10月~11月)

 10月31日(日)は、荒神様が神様の会議で出雲に「お発ち」の日
 11月15日(月)は、ちょっと帰ってくる「中帰りの日」
 11月30日(火)は「お帰りの日」
 荒神様は子だくさん。いずれの日も36人の子どもたちへのお土産の
 お団子とお神酒、小豆粥を供えます。

▼昔遊び体験教室

 10月31日(日)9時30分~12時
 コマ、ベーゴマ、けん玉、竹馬
 11時30分からけん玉検定(民家園版)を行います。
 受検者全員に認定証を用意してます。
 対象/こども(幼児を除く)
 

 【9月の行事】 

▼新倉の十五夜
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。
 9月14日(火)
 夕方から民家園でお月見を楽しみませんか?

▼秋のお彼岸
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。
 9月20日(月)~26日(日)
 彼岸の中日23日(木)におはぎを作って供えます。


 【8月の行事】 

▼マコモ馬作り体験教室
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。
 8月6日(金)10時~12時
 対象/誰でも参加可(当日先着10名)
 費用/無料

▼新倉の七夕

 8月6日(金)~7日(土)
 笹飾りや短冊、マコモ馬を飾り、季節のお供えものをして
 昔ながらの七夕を祝います。

▼「じゅず玉アクセサリー作り」と「綿で糸つむぎ」
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。
 8月7日(土)10時~12時
 対象/小学生
 定員/10名
 費用/無料

▼お盆と盆棚飾り

 8月13日(金)~16日(月)
 民家園では旧盆の習わしを昔のままに再現しています。

▼藍染め体験教室
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。
 8月22日(日)10時~12時
 対象/小学生以上
 定員/10名
 費用/800円
 講師/吉田雪乃(伝統色彩士)


 【7月の行事】 

▼わら草履作り体験教室

 7月1日(木)9時~13時
 対象/成人
 定員/7名
 費用/300円
 申込受付/6月12日(土)午前9時から電話又は民家園窓口で先着順に受付


 【6月の行事】 

▼麦秋祭・ジャガイモ掘り

 ジャガイモ掘り、販売も行います。
 6月19日(土)
 2回に分けて行います。1回目 9時30分~ 、2回目 11時~
 定員/60人(各回30人)
 費用/無料
 申込受付/6月1日(火)午前9時から電話又は民家園窓口で先着順に受付


 【5月の行事】 

▼端午の節句と鯉のぼり作り

 手作りの鯉のぼりを折り紙で仕上げます。
 5月5日(水)
 2回に分けて行います。1回目 10時~11時 、2回目 11時~12時
 定員/各回15組、30名まで
 費用/無料
 申込受付/4月20日(火)午前9時から電話又は民家園窓口で先着順に受付

▼工芸体験教室 かご作り

 5月22日(土)9時30分から
 定員/16名
 費用/1200円
 講師/山岸栄子
 申込受付/5月1日(土)午前9時から電話又は民家園窓口で先着順に受付


 【4月の行事】 

▼「鯉のぼり」と「五月人形展示」

 4月15日(木)~5月9日(日)
 庭には風になびく大きな鯉のぼり、主屋には武者人形。
 男の子の節句は、勇壮です。
 端午の節句は、民家園でお迎えください。


 【3月の行事】 

▼ひな祭り

 3月2日(火)
 3月3日は休園日ですので、前日に実施します。
 女の子の健やかな成長を願う「桃の節句」です。
 初節句は民家園にお出掛けください。
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、非公開といたしました。

▼春のお彼岸

 彼岸の入り 3月17日(水)から
 彼岸の明け 3月23日(火)まで
 仏さまに彼岸の入りの17日には「ぼたもち」を
 明けの23日には「みやげの団子」を供えます。


 【2月の行事】 

▼おひな様飾り展示公開

 2月11日(木)~3月9日(火)
 6組の七壇飾りに親王飾りや御殿飾りで民家園が華やぎます。
 ご家族でご来園ください。
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。


 【令和3年1月の行事】 

▼お正月特別開園

 1月2日(土)・3日(日)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
 お正月特別開園を中止します。

▼七草(人日(じんじつ)の節供)

 1月7日(木)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
 七草がゆの提供を取りやめます。ご了承ください。

▼繭玉飾り

 1月14日(木)・15日(金)
 上新粉で作った紅白のまゆ玉を小枝に挿して
 柱や神棚に飾り、五穀豊穣を祈ります。
 一般公開はいたしません。

▼えびす様

 1月19日(火)
 五穀豊穣、商売繁盛のえびす様。
 1月20日はえびす様が稼ぎに出かける「でえびす」の日。
 稼ぎを願って一升桝にお金を入れ、尾頭付きの魚とお神酒を供えます。
 20日(水)は休園日ですので、前日にお供えをします。
 一般公開はいたしません。
 

 【12月の行事予定】

▼たくあん漬け体験(全3回)

  民家園で育てた大根を昔ながらに軒に干し、樽に漬けます。
  収穫から樽漬け、樽開けまでを体験してください。
  定員/15名
  費用/500円(たくあん2本付き)
  資格/収穫から樽あけまで参加できる人
  日程/
      [1]12月6日(日) 10時~12時
       収穫と干し
      [2]12月19日(土)
       漬込み
      [3]令和3年1月17日(日)
       樽開け(予定日。漬かり具合で前後することもあります。)
  申込受付/12月1日(火)午前9時から電話または民家園窓口で
         先着順に受付け。
       【定員になりましたので募集は締切ました。】


 【11月の行事予定】

子どもサツマイモ掘り体験

  11月14日(土)10時~13時
   (雨天の場合は、翌15日(日)に順延。)
  今年もサツマイモの出来は上々です。イモ掘りをして、子どもと一緒に
  楽しい思い出をつくりましょう。
  時間/2回に分けて行います。
       第1回 午前9時30分~、第2回 午前11時~
  対象/3歳児から小学生まで。
      (密回避のため、付き添い保護者は1名でお願いします。)
  定員/60人(第1回目30人、第2回目30人)
  内容/サツマイモ掘り。お土産のイモを用意します
  参加費用/無料
  申込受付/11月1日(日)午前9時から電話又は民家園窓口で
          先着順に受付け
         (申込時は1回目希望か2回目希望かをお知らせください。)
  ※当日は各回とも開始時間の10分前までに受付を済ませ、
   民家園主屋前に集合してください。

▼えびす様

  11月20日(金)
  五穀豊穣、商売繁盛のめでたい神様「えびす様」。
  この日は、1月に稼ぎに出かけた「えびす様」がお帰りになる日。
  尾頭付きの魚にご飯、味噌汁、お神酒を供え
  一升桝にお金入れて迎えます。


 【10月の行事予定】

▼新倉の十三夜

  10月13日(火)
  秋の実りに感謝して、13 個のお団子に季節の野菜やくだものと
  月見豆腐をお供えし、稲穂に見立てたススキを飾ります。

▼3回の荒神様(10月~11月)

  10月30日(金)は、荒神様が神様の会議で出雲に「お発ち」の日
  11月15日(日)は、ちょっと帰ってくる「中帰りの日」
  11月30日(月)は「お帰りの日」
  荒神様は子だくさん。いずれの日も36人の子どもたちへのお土産の
  お団子とお神酒、小豆粥を供えます。


 【9月の行事予定】

▼吊るし飾り教室

  2回シリーズでかわいい吊るし飾りを作ります。
  第1回 9月12日(土) 9時30分~12時
  第2回 10月17日(土) 9時30分~12時
  対象/成人
  定員/10名
  費用/1,000円(2回分)
  講師/本間悠子
  申込/電話又は民家園窓口で
  受付/9月1日(火)9時から先着順に受付


▼新倉の十五夜


  9月15日(火)
  月に見立てた団子と季節の野菜を供え
  稲穂に見立てたススキを飾ります。
  


▼秋のお彼岸

  9月19日(土)~9月25日(金)
  民家園では、主屋の座敷に十三仏の掛け軸をかけ、
  彼岸の中日には「おはぎ」を作ってお供えします。
  彼岸の中日 9月22日(火)


 【8月の行事】

▼「マコモ馬」づくりと「じゅず玉アクセサリー」づくり

  8月6日(木)10時~13時
  マコモの馬(マコモという植物を編んで作る雌雄の馬)に願いを託して
  七夕に飾ると、その願いを天に届けてくれると言い伝えられています。
  同時開催で、じゅず玉で腕輪やネックレスなどのアクセサリーも作れます。
  対象/誰でも参加できます
  定員/10名
  費用/無料
  申込/電話又は民家園窓口で
  受付/7月2日(木)9時から先着順に受付

▼新倉の七夕(たなばた)

  8月6日(木)~7日(金)
  さまざまな願いを託して、短冊やマコモ馬を飾り
  季節のお供えものをして、昔ながらの七夕を祝います。

▼お盆と盆棚飾り

  民家園では、盆棚を飾るなど旧盆の習わしを昔のままに再現します。
  お盆 8月13日(木)~16日(日)
  盆棚 お盆の入りの日(13日)に飾ります。

▼工芸体験教室 布ぞうりづくり

  8月29日(土)9時30分~12時
  色とりどりの布できれいな草履を編みます。
  履き心地は満点。
  夏の部屋履きにどうでしょう。
  対象/成人
  定員/7名
  費用/800円
  講師/山岸栄子
  申込/電話又は民家園窓口で
  受付/8月1日(土)9時から先着順に受付


 【3月の行事】 

▼春の茶会
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この催し物は中止いたします。
 3月1日(日)10時30分から
 雛飾りの古民家で抹茶と和菓子、日本の和の文化です。
 申込/不用
 費用/100円(用意した和菓子がなくなり次第終了)

▼桃の節句

 3月3日(火)
 春の訪れ、女の子の桃の節句です。
 特に初節句を迎えるお子さんのお祝いは民家園でどうぞ。
 ご家族とお子さんにとって幸せな思い出になること請け合いです。

▼春のお彼岸

 彼岸の入り 3月17日(火)から
 彼岸の明け 3月23日(月)まで
 春分の日を挟んだ前後3日間の7日間が先祖供養の「お彼岸」です。


 【2月の行事】 

▼節分(豆まき)

 2月3日(月)14時から
 「福は内、鬼は外」民家園では豆まきだけでなく
 「ヤッカガシ(焼いて串に刺したイワシの頭)と柊(ヒイラギ)」や
 福茶や炒り豆など昔ながらの節分を体験出来ます。
 申込/不用
 費用/不用

▼おひな様飾り展示公開

 2月6日(木)~3月8日(日)
 6組の七段飾りのほか、親王飾り、御殿飾り、たくさんの吊るしびな
 ご家族で女の子のお祭りをお楽しみください。


 【令和2年1月の行事】 

▼お正月特別開園

 1月2日(木)・3日(金)10時~15時
 昔懐かしいお正月の再現です。
 昔遊びに、こたつで蜜柑、甘酒。
 華やかに羽子板展示も行います。

▼七草(人日(じんじつ)の節供)

 1月7日(火)10時~無くなり次第終了
 一年の無病息災を願って「七草粥」を食べる日です。
 民家園の七草粥は、本来の七草のお粥です。
 費用/無料

▼鏡開き(蔵開き)

 1月11日(土)

▼繭玉飾り

 1月14日(火)14時から
 繭形の団子を枝に飾って、家内安全、豊作祈願をします。
 対象/親子での参加を歓迎します。
 費用/無料

▼寒の餅つき

 1月19日(日)10時30分~無くなり次第終了
 餅つき体験(申込みは不要)も出来ます。
 つきたてのお餅(あんこ、きな粉、しょう油)をみんなで試食。
 費用/大人は1パック100円。子供は無料。
 昨年暮れに漬けた「民家園特製のたくあん」の販売も行ないます。
 価格/1本200円(ひとり5本まで)。無くなり次第終了。

▼えびす様

 1月20日(日)
 商売繁盛と五穀豊穣の神様に、尾頭付きの魚、ご飯、味噌汁
 お神酒(一升瓶)を供え、一升桝にお金を入れて飾ります。

▼文化財防火デー 消防訓練

 1月25日(土)10時から
 消防署・消防団の協力を得て、文化財を火災から守るための
 訓練を行います。なかでも放水訓練は見ごたえ十分です


 【12月の行事予定】 

▼たくあん漬け体験(全3回)

 民家園で育てた大根を軒に干し、樽に漬けてたくあん漬けを作ります。
 収穫から樽漬け、樽開けまでを体験します。
 [1]12月1日(日) 10時~12時
    収穫
 [2]12月12日(木)
    漬込み
 [3]令和2年1月11日(土)
    樽開け、2本持ち帰り
 資格/収穫に参加できる人
 定員/20名
 費用/500円(沢庵2本付き)
 申込/11月22日(金)9時から電話または直接来園で先着順に受付。

▼お正月飾り作り教室

 12月7日(土)10時~12時
 しめ縄に縁起物の飾りを付けたしめ飾り(輪注連)を作って門口に飾り、
 年神様を迎えましょう。
 対象/親子(子どもだけの参加はできません)
 定員/15名
 費用/800円
 持物/はさみ1丁
 申込/12月1日(土)9時から電話または直接来園で先着順に受付。



 【11月の行事予定】 

秋の収穫祭

  11月17日(日)10時~13時
  毎年恒例のお祭りです。みんなでサツマイモを掘って、ふかして
  秋の実りを楽しみましょう。白子囃子や「わこうっち」と「さつきちゃん」も
  やってきます。
  体験/サツマイモ掘り、板太鼓によるお囃子体験、昔遊び
  出店/ふかしイモ、赤飯、フランクフルト、綿あめ、ポップコーン
      朝採れ野菜の販売など
  <サツマイモ掘り体験は事前の申し込みを>
  参加希望者は、次の要領でお申し込みください。
  当日の申し込みは出来ませんので、ご注意ください。
  参加制限人数/100人まで
  申込受付/11月1日(金)9時から制限人数に達するまで
        先着順に受付けます。
  申込方法/電話または直接来園してお申し込みください。
        住所、お名前、電話番号、参加人数をお知らせください。
  参加費用/無料
  参加者には、当日10時から主屋入口で「整理券」を発行します。
  申し込みをされても、「整理券」がないと畑に入れません。
  「整理券」を受け取ってから畑にお入りください。

▼えびす様

  11月19日(火)
  商売繁盛と五穀豊穣の神様です。
  1月20日に稼ぎに出かけたえびす様がお帰りになる日です。
  この日に、尾頭付きの魚、ご飯、味噌汁、お神酒(一升瓶)を供え
  お神酒をあげた一升桝にお金入れて飾ります。

▼そば打ち体験教室

  11月24日(日)9時30分~13時
  本格的なそば打ちです。
  そばは打ち立て、それも自分で打ったそばの味は、格別です。
  申込/11月1日9時から電話または直接来園で
       先着順に受け付けます。
  費用/500円
  定員/12名
  対象/中学生以上


 【10月の行事予定】 

江戸端唄の会

  10月5日(土)13時~15時
  三味線の粋な音色に艶っぽい唄、江戸の庶民文化を代表する端唄で
  江戸情緒を味わってください。踊りはもちろん、お座敷芸もあります。
  申込/不要
  入場料/無料

▼新倉の十三夜

  10月13日(日)
  片月見はいけません。
  中秋の名月「十五夜」を愛でたら、「十三夜」も愛でましょう。
  月に見立てた団子と季節の野菜、月見豆腐を供え、稲穂に見立てた
  ススキを飾ります。

▼3回の荒神様(10月~11月)

  10月は神無月。日本中の神様が出雲の会議に出かけます。
  カマドの神様、荒神様も出かけます。
  10月29日(火)は「御発ちの日」
  11月15日(金)は、ちょっと帰ってくる「中帰りの日」
  11月30日(土)は「お帰りの日」
  荒神様は子だくさん。いずれの日にも36人の子どもたちへのお土産の
  お団子とお神酒、小豆粥を供えます。


 【9月の行事予定】
▼吊るし飾り教室

  2回シリーズでかわいい吊るし飾りを作ります。
  第1回 9月14日(土) 9時30分~12時
  第2回 10月19日(土) 9時30分~12時
  対象/成人(児童は対象外です)
  講師/本間悠子
  定員/15名
  費用/1,000円(2回分)
  申込/9月1日(日)から先着順に申込を受け付けます。


▼新倉の十五夜 民家園のお月見


  9月15日(日) 18時~20時
  この日は満月。夕方から民家園でお月見を楽しみませんか?
  お供えは昔ながらに、月に見立てた団子や季節の野菜とススキ。
  座敷では「月」にちなんだお話会を開きます。
  お月見団子も味見できます。ご家族でどうぞ。
  対象/誰でも参加できます
  費用/無料


▼秋のお彼岸

  9月20日(金)~9月26日(木)
  民家園では彼岸の中日におはぎを作ってお供えします。
  彼岸の中日 9月23日(月)

▼子どもたちがふるまう 秋のお茶会

  里仁育舎の園児たちが本格的なお茶会を開きます。
  抹茶に和菓子でおもてなし。雅なひとときをご家族でいかがですか?
  9月21日(土) 9時~12時
  対象/小学生以上
  定員/50名(一般申込者分)
  費用/200円
  申込/9月1日(日)から先着順に申込を受け付けます。
  申込者には当日、整理券を配ります。整理券がないと入場できません。

▼秋のお話し会

  9月29日(日) 13時30分~15時
  出演/ いろりばた
      1. 昔話「喜多院の竜の伝説」
      2. エッセイ「娘と私の部屋」より  佐藤愛子
      3. 昔話「死神どんぶら」 斎藤隆介
      4. 小説「蜜柑」     芥川龍之介
      5. 昔話「夕鶴」     木下順二
  申込/不要 
  費用/不要



 【8月の行事】

▼新倉の七夕(たなばた)

  8月6日(火)
  さまざまな願いを託した笹飾りや短冊、願いを届けるという
  マコモ馬(マコモという植物を編んで作る雌雄の馬)を飾り
  季節のお供えものをして、昔ながらの七夕を祝います。


▼マコモ馬作り

  8月6日(火)10時~11時30分
  誰でも参加できます。作ってみませんか?
  費用/不要
  申込/不要

▼お盆と盆棚飾り

  民家園では、盆棚を飾るなど旧盆の習わしを昔のままに再現しています。
  お盆 8月13日(火)~16日(金)
  盆棚 お盆の入りの日、13日(火)に飾ります。



 【7月の行事】

▼藍染め体験教室

  7月28日(日)10時~12時
  絹のハンカチを本物の藍の生葉で染めます。
  対象/小学生以上
  定員/15名
  費用/700円
  講師/吉田雪乃(染織研究家)
  持ち物/汚れてもよい服装
  申込/7月1日(月)から電話又は民家園窓口で先着順に申込受付


 【6月の行事】 

麦秋祭(春の収穫祭)

 6月16日(日)10時~
 体験畑で今年最初の収穫を楽しみませんか。
 収穫するのは「ジャガイモ」です。
 みんなで掘って、みんなでふかして食べましょう。
 いろんな出店も店開き。ご家族で楽しんでください。
 費用/ジャガイモ掘り体験とふかしイモの試食 無料
 出店/ジャガイモ販売、綿あめ、フランクフルト、赤飯、地元野菜

 ジャガイモ掘り体験希望者は事前申込みを
 今年から、参加者の安全を守るため、芋掘り人数を制限します。
 参加希望者は次の要領でお申し込みください。
 当日の申込みはできませんのでご注意ください。
 ●ジャガイモ掘り体験参加制限人数 100 人まで
 ●申込受付/6 月1日(土)から、制限人数に達するまで
 ●申込方法/電話又は直接来園してお申し込みください。
        お名前、電話番号、参加人数をお知らせください。
 ●整理券/申込者には、当日午前10時から主屋入口で整理券を発行します。
 申し込みをされても整理券がないと畑に入れません。
 整理券を受け取ってから畑にお入りください。

▼わら草履教室

 6月20日(木)10時~15時
 わらぞうりを作ります。
 定員/7名
 費用/300円(材料費)
 申込/6月1日(土)から先着7名まで


 【5月の行事】 

▼端午の節句 鯉のぼり作り

 5月5日(日)10時
 五月の風をはらんでなびく鯉のぼり、華やかな鎧や兜飾りに勇壮な五月人形。
 男の子の健やかな成長を願って祝う端午の節句。
 特に初節句は、民家園で鯉のぼりを作って祝いましょう。
 対象/どなたでも
 申込/不要
 費用/無料

▼工芸体験教室(布ぞうり作り)

 5月25日(土)9時30分~12時30分
 いろいろな色の布切れでぞうりを作ります。
 定員/7名
 費用/800円(材料費)
 講師/山岸栄子
 申込/5月1日(水)から先着7名まで
 
 【4月の行事】 

▼綿・ふるさと工房 : 春休み子供講座

 4月4日(木)10時~
 じゅず玉で腕輪やネックレスなどのアクセサリーを作ります。
 申込/不要
 費用/不要

▼春のお話し会

 4月14日(日)13時30分~15時30分
 出演:「いろりばた」の皆さん
 演目「石まゆ」 上田早夕里作
    「海」 芥川龍之介作
    「夜泣き」 三浦哲郎作
    他
 申込/不要
 費用/不要

▼鯉のぼりと五月人形の展示公開

 4月18日(木)~5月14日(火)
 端午の節句に向けて、大きな鯉のぼりを揚げ、たくさんの鎧や兜飾り、五月人形を展示します。
 かぶれる兜も用意してます。